ワキガの人はチチガやスソガになりやすい!?関連性を検証!

 

ワキガと言えば脇から強烈な独特の悪臭を放つことで知られていますが、実はこの臭い、脇以外から発生することもあるということをご存知でしょうか?

 

乳輪からワキガの臭いが発生することをチチガ、すそ(陰部)から発生する症状をスソガ(すそわきが)と言います。

 

では、ワキガの人はチチガやスソガになりやすいのでしょうか?
 
この記事では、ワキガの根本の原因とチチガやスソガとの関連性を説明していきますので、ワキガやチチガに悩んでいる人は参考にしてみてくださいね。

 

ワキガとチチガとスソガの関連性

ワキガの原因とは?

ワキガの原因としては、アポクリン腺という汗を出す器官が発達しているために雑菌が繁殖しやすくなることが挙げられます。

 

 

 

汗の成分と雑菌が混ざり合うことであの独特の臭いを発し、場合によっては服を着ていても周囲の人に知られてしまうほど強い臭いになってしまいます。

 

また、多汗症の人は汗をかきやすく、湿気が大好きな雑菌がさらに増殖する環境を作り出してしまうため症状がより酷くなる可能性があります。

チチガとは?スソガとは?

 

アポクリン腺は、何も脇にだけ存在しているわけではありません。

アポクリン腺はもともと人間のフェロモンの一種だったと考えられており、特に性的な場所に多く存在します。
例えば乳首の周りにある乳輪や、生殖器のある外陰部周辺にも数多く存在しています。

 

アポクリン腺が発達している人は体全体の汗腺が一緒に発達しているため、ワキガの症状がある人はこういった部位からも臭いを発している可能性が高いのです。
このような関係性から、それぞれチチガとスソガなど同じような名前で呼ばれることもあります。

ワキガとチチガとスソガは遺伝する?

 

アポクリン腺は人間なら誰しもが持っているものなのですが、その大きさや数の多さには個人差があります。
大きく数も多い人ほど臭いが強くなり、人によっては外出すらままならないほど悩んでしまうケースもあります。

 

この個人差は親や祖先からの遺伝によるところが大きく、両親のうちどちらかがワキガだった場合、子どもにも症状が発生する確率は50%とされています。
もし両親どちらもが症状を持っていた場合、子どもも実に80%以上の確率で発症してしまいます。

 

決して個人が衛生面で気を使っていないわけではなく、先天的な体質によるものなのです。

ワキガやチチガやスソガが発症する年齢は?

 

 

症状は特にホルモンが活発に働きだす思春期に出始めることが多く、学校でからかわれてしまう子供もいます。

 

繊細な年ごろにこのような目に合うと、学校へ行きたがらなくなったり軽いうつ症状を現す子もいるので、親は注意してあげる必要があります。

 

もし自分に症状がある自覚がある場合は、子どもにあらかじめ話しておいたり、一緒にデオドランド剤などを使用するようにしてあげましょう。

 

ワキガの人はチチガやスソガになりやすい?

 

結論を言うと、ワキガの人はチチガやスソガになりやすいです。

 

なぜなら、臭いの原因であるアポクリン腺は、ワキガの人は体全体の汗腺も一緒に発達しているため、脇だけではなく、乳輪や陰部の汗腺にも多く存在しているためです。

 

そして、逆もしかりで、チチガやスソガの人もワキガである可能性が高いことがあげられます。

 

また、チチガやスソガの臭いは、ワキガに比べると自分では分からないような臭いであるため、自覚のないまま過ごしてしまうケースがあります。
その場合、普段の生活上は支障がないことが多いのですが、彼氏や旦那などのパートナーとのエッチの際などに、近距離で匂われたり舐められたりした時には、強烈な悪臭や苦味を与えてしまう可能性があります。

 

それが原因で、エッチを断られたり、嫌われたり、最終的にはフラれてしまったりする人も多いです。

 

そのような状況を回避するためにも、まずは自分がワキガやチチガやスソガでないか?ということをセルフチェックで確認し、具体的な対策や治療を行っていきましょう。

 

ワキガを判別するチェックポイント

 

もし自分がワキガかどうか分からない場合でも、一度はエチケットとしてセルフチェックを行うと良いでしょう。
セルフチェックのやり方としては、まず両親や近しい親族にワキガのひとはいないか、普段来ている下着や肌着に黄色い汗ジミがついていないかを確認しましょう。

 

臭いはどんなに強烈でも、普段生活していると慣れてしまってあまり自分では気づきません。
このため、臭いチェックをするより上記のような客観的な項目をチェックしたほうが分かりやすいのです。
もし臭いが気になる場合は、家族では慣れてしまっている可能性があるので、友人など生活を共にしていない人に確認するようにしましょう。

 

また、耳垢が湿っている人も要注意です。
 
アポクリン腺は耳の中にも多く存在しているため、汗が多く分泌されて耳垢が常に湿っている状態になっています。
耳垢から悪臭がするという訳ではありませんが、湿っている場合は体質的にわきがになりやすいという事になるので注意が必要です。

 

対策にはワキガ専用クリームが効果的

 

自分が遺伝や体質的にワキガやチチガやスソガになりやすいとわかったら、殺菌効果のあるデオドランド専用クリームを使用することで症状を改善させることができます。

 

ワキガとチチガとスソガは原因や症状も同じなため、全て専用クリームで対策をしていきます。
 
一般的に、ワキガ専用クリームが多く販売されていますので、チチガやスソガの臭い対策にもワキガ専用クリームを使用して問題ありません。

 

根本から治療するには外科的な手術を受けるしかありませんが、こういったクリームなどを長期間続けていれば体質が改善し、気にならないレベルまで臭いを抑えることができます。
手術は費用が高いうえにリスクもあるので、まずは市販のものを試してみると良いでしょう。

 

実際の効果や口コミの良い専用クリームをランキングで紹介していますので参考にしてみてくださいね。