これでバッチリ!チチガのニオイを抑える専用石鹸の効果と選び方

人知れず体臭に悩む女性は多いものですが、中でも多いのが脇の下、陰部だと思います。
しかし、実はチチガと呼ばれる乳首周辺から発せられる臭いに悩まされている女性も多いのです。

 

チチガの原因とメカニズム

 

特に乳首はブラジャーに覆われているために汗がこもりやすく、蒸れやすい箇所です。

 

その上、乳首周辺にはアポクリン腺という汗腺が分布しています。

 

実はこのアポクリン腺、ワキガの原因とされるもので、アポクリン腺から発せられる汗は栄養成分が豊富なので雑菌がエサとして好み、その結果雑菌が多く繁殖し、強い臭いの原因となってしまうのです。

 

 

 

「臭いの原因は菌」ということは耳にしたことがある人が多いと思います。

 

消臭スプレーなどのCMでも度々使われているフレーズですが、私たちの汗は無臭です。
「汗くさい」という言葉があるので汗自体が臭いものだと思ってしまいがちですが、汗に雑菌が繁殖することで臭いが発生します

 

そのため、雑菌が繁殖しやすいアポクリン腺の汗は強い臭いを発するのですが、アポクリン腺があるのは体全体では限られた箇所だけです。
チチガの原因となる乳首、ワキガの原因となる脇の下、陰部、耳の後ろといった箇所のみで、どれも体臭が気になるところだということがお分かりだと思います。

 

私たちの体には全身に汗腺は分布していますが、アポクリン腺以外の汗腺はサラリとした汗で雑菌が繁殖しづらいのでワキガやチチガのような臭いにはなりづらいです。
汗をかいたまま放置して時間が経てば雑菌は繁殖するので臭いますが、アポクリン腺からの汗ほどの臭いにはなりません。

 

チチガに効果的な対策方法とは?

 

では、気になるチチガはどのようなケアをすれば良いのでしょうか。

 

効果的なのは、専用の石鹸を使うことがおすすめです。

 

脇も乳首も同じアポクリン腺なので、デオドラントスプレーを使えば良いじゃないかと思われるかもしれませんが、臭い対策としてはそれでも問題ありません。
要は汗をかく場所に雑菌が繁殖しないよう清潔に保てれば臭いは気にならない、という理論からするとそれも当てはまります。

 

しかし、乳首周辺は皮膚が薄くとてもデリケートです。
脇用のデオドラントスプレーを使ってしまうと強すぎるため、皮膚にトラブルを起こすこともありますので十分な注意をする必要があります。

 

専用石鹸の選び方がよくわからないという人におすすめなのが「ジャムウハーバルソープ」です。

 

 

 

ジャムウとはインドネシアに古来から伝わる植物を原料とした100%ナチュラルなハーブです。
各家庭ごとに調合されたジャムウは次世代に受け継がれており、インドネシアの伝統的な知恵の結晶とも言われるジャムウは現在でも人々の健康維持に広く役立てられています。

 

ジャムウハーバルソープは厳選された配合のジャムウを使用しており、体のバランス健康状態を維持しながら清潔を保てるよう作られています。
パーム油がベースとなっているので保湿成分も十分ありますし、ヤシ油、アロエ、カミツレ油、甘草などの天然派成分を弱酸性石鹸として日本人の肌に合うよう丁寧に作られています。

 

ジャムウハーバルソープは、チチガやデリケートゾーンの専用石鹸として高い評価を受けており、有名コスメサイトの口コミ評価も豊富です

 

使い方は簡単で、専用ネットでよく泡立てて体を洗うだけです。
その際、泡を乳首に乗せて3分ほどパックするとより効果的で黒ずみを薄くする効果もあると言われています。

 

強い殺菌成分がありながら、厳選された天然素材から作られているためお肌に優しく、顔にも使用することができます。

 

デオドラント剤などで日常にこまめにケアをするのは大変ですが、ジャムウハーバルソープならお風呂で洗うだけなので簡単にチチガ対策ができると評判です。