チチガの嫌なニオイを抑えるブラジャーの消臭対策法

 

「チチガ」という言葉を知っていますか?

 

ワキガは脇の臭いが気になる病気ですが、「チチガ」は乳首から臭いが発せられるものです。
単に臭いがあるものを「〇〇ガ」と言っているだけではなく、実はワキガとチチガの原因は同じものなのです。

 

チチガの原因とは?

 

私たち人間には汗腺は2種類あり、一つは「アポクリン腺」、そしてもう一つは「エクリン腺」と言います。

 

「エクリン腺」は全身くまなく分布していて、私たちが運動をした時やサウナに入った時、気温が暑い時など上昇した体温を沈下させるために発せられる汗を発する腺です。
エクリン腺から分泌される汗は99%が水分で、残り1%は塩分なのでサラッとしているので、汗自体には匂いがありません。

 

一方、「アポクリン腺」は脇や乳首、陰部や耳の後ろなど限定された場所のみに分布していて、エクリン腺から発せられる汗に比べて粘性が高く、水分は80%で、残りはアンモニアやたんぱく質、脂質などの成分からできており、興奮時や緊張時に発汗します。

 

そして多くの人が汗は臭いものと勘違いしていますが、実は汗自体は無臭です。
汗に雑菌が繁殖し、雑菌が発する老廃物が臭いの原因となります。

 

そのため、雑菌の栄養源となる成分が豊富なアポクリン腺の汗の方が、エクリン腺の汗に比べて雑菌が繁殖しやすい環境にあり、結果として臭いが強くなりワキガやチチガにつながるのです。

 

チチガの臭い対策におすすめの3つの対策方法

 

@雑菌が繁殖しずらい環境をつくる

まずは臭いの原因である雑菌が、繁殖しづらい環境を作ることが第一です。

 

女性はブラジャーをしますので、乳首周辺にあるアポクリン腺から発せられる汗は蒸れやすい状態にあります。
特にブラジャーは化学繊維で作られているものが多く、化繊の中には汗の吸収に長けないものも多くあります。

 

アポクリン腺がある部分としては、胸周辺は陰部の次に蒸れやすい環境にあり、意識的に蒸れない清潔な環境を作ることが臭いの減少につながります。

 

それにはまず雑菌の繁殖を抑えることです

 

そのためには雑菌の餌となる汗や皮脂をこまめに除去することが大切で、市販の汗用シートでこまめにふき取ると効果的です。
汗用シートには除菌効果があるので、汗を拭きとると共に肌に住み着いた常在菌も除去することができます。

A消臭スプレーを使用する

 

また、脇汗用の消臭スプレーを使用することも効果的です。
脇も乳首も同じアポクリン腺なので、脇汗用のデオドラントスプレーはチチガにも効果があります
消臭機能だけではなく、スプレーの制汗機能についてもワキガ対策用のものを胸に使用しても全く問題ありません

 

ただし、ワキガ対策としてもそうなのですが、市販の消臭スプレーは持続性が長くありません。
汗用シートで拭き取っても、また汗をかいてしまったらまた拭き取らないといけません。

 

臭いの程度が軽い人ならそれはそれで効果がありますが、本格的に気になる人はこまめに拭き取る、またはスプレーをしなければなりません。
また、拭くという行為や直接胸にスプレーをするとなると場所を選ぶため、外出時などはタイミングをはかるのが困難だと思います。

Bおりものシートを使用する

外出時に拭くタイミングがないような生活環境の人に有効なのは、おりものシート(パンティライナー)です。

 

おりものシートをブラジャーの内側、乳首に接する部分に貼りつけるのですが、おりものシートは通気性がよく、水分の吸収も抜群です。
消臭機能がついているものが多く、裏面がシール状になっているのでブラジャーに貼り付けるだけで交換も簡単にできます。
スプレーをするように頻繁に交換する必要もないですし、お手軽に臭い対策を取ることができ、見た目にもわからないのでとても有効的です。

 

ただし、乳首はデリケートな部分でもあるので、お肌の弱い人は脇用の制汗スプレーやシートでごしごしこすることは肌荒れにつながるので注意が必要です。

Cデリケートゾーン専用のデオドラント商品を使用する

肌荒れが気になる人は、デリケートゾーン専用のデオドラント商品が販売されているので、それらを使用すると安心です。

 

チチガ対策に特に効果的なデオドラント商品は、クリームタイプのものです。

 

消臭効果が高いおすすめのチチガクリームランキングはこちらで紹介していますので、一度試してみてるのをおすすめします。