チチガの嫌なニオイを抑える効果的な対策法とは?

チチガの嫌なニオイを抑える効果的な対策法とは?

 

ワキガに悩む方が多い一方で、チチガに悩む方もいるのをご存知でしょうか。

 

チチガとはワキガ同様にアポクリン腺が主な原因となって嫌な臭いを発生させてしまうことです。
脇にはこのアポクリン腺があることは広く知られていますが乳輪の周りにも存在しているのです。
 

 

 

そのために嫌な臭いを発生させてしまい悩んでいると言う方がたくさんいるのです。

 

しかし、チチガにも臭いをおさえるためのしっかりとした対策法が存在します。

 

この記事では、チチガの臭いをおさえるために効果的な3つの対策法をご紹介します。

 

女性にとっては非常にデリケートな悩みですが、一つずつ対策していくことで臭いはおさえられますので、しっかりと現実と向き合い、早めに対策していきましょう。

 

チチガの3つの対策法

@常に清潔に保つ

 

乳周りは、脇と違い毛もあまり生えず蒸れることも少ないと思われがちですが、特に女性の方は下着などで締め付けられたり、蒸れる環境が揃っています。

 

まずは通気性の良い下着に替えてみたり、こまめに汗をふき取り、常に清潔にする対策から始めてみましょう。

 

ブラジャーはできるだけ化繊を避け、綿でできた物を着用し、汗をかいたら着替えるようにしましょう。
自宅でならノーブラで綿素材のタンクトップなどで過ごすと良いでしょう。

 

Aバランスの良い食生活を心がける

 

二つ目は食生活を見直すことです。

 

アポクリン腺は糖質や脂質、淡白質が成分に含まれています。
どれも体に必要な成分ではありますが、特に糖質と脂質はアポクリン腺に溜まりやすいため、たくさん摂取してしまうとアポクリン腺にはどんどん臭い成分が溜まってしまうのです。
 
また、糖質や脂質は汗の臭いも悪臭へ換えてしまう可能性があるので注意しなければなりません。
まずは食生活を見直してみて、糖質や脂質などに偏った食事を摂っていないか確認してみてください。

 

しかし、中にはわかっていてもなかなか食生活を改善できない方などもたくさんいらっしゃることかと思います。
仕事で忙しい方、家にあまりいられない方、そういった方はどうしても外食が中心となってしまいます。

 

外食が中心となってしまう方は難しい課題かもしれませんが、ジュースやコーヒー以外のお水やお茶などの水分を多く摂るように心がけたり、野菜の成分をサプリメントなどで摂取するのも一つの手です。
もしも外食で意識できるのであれば、肉ではなく魚を頼んだり、甘いものは脂質の多いケーキなどではなく和風なスイーツにしてみたりと、少しの意識改善でも体の中には変化が現れます。

 

少しの意識改善から少しずつ食生活を見直していきましょう。

 

B専用クリームで細菌を減らす

 

そして、チチガを改善する最後の方法は細菌を減らすことです。
 
これは清潔にするという方法とよく似ていますが、細菌を減らすことはただ汗をふき取るだけでは難しいです。
細菌を減らすためには、清潔にしつつ毛の処理をこまめに行ったり、殺菌作用のある専用クリーム専用石鹸、シートなどを使用してふき取ることが重要となります。

 

また、1日に2回もしくは3回行うことで効果的です。
もしも汗を拭くのが面倒だと言う方は、パッドなどを使って汗の匂いを拡散させないようにしてください。
パッドも交換が必要ではありますが、何度も拭き取るよりははるかに手間が省けるはずです。

 

これらの対策の中で自分に合ったものを見つけて、今日から実践できることは早めに対処していくことが一番の対策です。
まずは、食生活を見直すとともに、簡単に行えて効果の高い専用クリームを使って、気になる匂いを抑えていきましょう。