自分では分からない・・・「チチガの味」ってどんな感じ?

 

チチガとは聞きなれない言葉ですが、実はワキガのニオイが乳輪部分、つまり「チチ」から発せられるという状態を指します。

 

ワキガはよく知られていますが、このチチガについては知らないという人の方が多いのではないでしょうか。
ワキに近い部分なのでワキガのニオイが流れてきたのかなとか、ワキガ持ちである本人は気がつかないことも多いです。

 

自分がチチガであることは、交際している相手によって知らせされたというケースも多いようです。

 

チチガの人は独特の味がする!?

彼氏や旦那などのパートナーでなければ分からないのですが、チチガには独特の味があります。

 

自分の乳を舐めるなどして確かめるわけにもいかないので、気がつくのなら親密な交際相手となります。

気になるチチガの味とは?

 

チチガの味ですが、人によって差はあるものの、最も多いのが「ネギ」の味だといいます。

 

ワキガのニオイから何となく想像できなくもないですが、苦みがあると感じたり、酸っぱい、しょっぱいという感じを受ける人もいるようです。

 

また、体調によっても味は変化するようで、汗をかく季節には当然濃くなり、ストレスや食事の内容によっても左右されます。
チチガもアポクリン腺からの発汗によりニオイがきつくなるので、汗を大量にかいた時には注意が必要でしょう。

チチガの匂いが赤ちゃんに移る!?

 

また、母乳育児をしている時に赤ちゃんからワキガのニオイがすることもあるのですが、それは赤ちゃんがワキガなのではなく、お母さんの乳首がチチガである可能性があります。
赤ちゃんがその味を感じているのかは分かりませんが、母乳を飲んでいる赤ちゃんからニオイがするというのですから、かなりきついニオイがしていることは確かです。

 

赤ちゃんは嫌な顔をせず乳輪をくわえてくれても、パートナーである男性は拒否したくなるかもしれません。
パートナーと接する時は消臭等対策をキチンとする必要があるでしょう。

 

チチガの臭い対策法!

 

チチガの臭いは、気になる部分を事前に拭いても消えないので、しっかりと洗う必要があります。
シャワーだけでなくできれば入浴して良く洗うことが望ましいのですが、シャワーの場合でも専用石鹸を使い良く泡立てて、肌に乗せたらしばらくパックした後に十分に流すようにします。

 

敏感な部分なのでしっかり洗うのは難しいかもしれませんが、毛穴につまった汚れを落とすために、軽くマッサージするとより効果的です。

 

 

 

身に着けるものに関しても注意が必要です
通気性が悪い素材だと蒸れてしまい、余計に強烈な臭気を発します。

 

特に女性の場合、ブラジャーをつけているとフタをした状態になるため、雑菌が繁殖しやすくなりニオイがこもってしまいます。
ですので、ブラジャーはできるだけ化繊を避け、綿でできた物を着用し、汗をかいたら着替えるようにしましょう。
自宅でならノーブラで綿素材のタンクトップなどで過ごすと良いでしょう。

 

ニオイがついてしまったブラジャーや衣類は、そのまま普通に洗濯してもニオイを落としきれず、次に着た時に臭うこともあります。
柔軟剤でごまかそうとするともいますが、元を断つことが必要ですので、酸素系漂白時などで除菌消臭をし、必要に応じて衣類用の消臭剤を使うのも良いでしょう。

 

 

 

乳輪部分からワキガのニオイがするというと病気なのかなと思われるかもしれませんが、チチガは病気ではなく体質ですので、治療するというよりも自分で対策する必要があります。

 

そしてチチガの臭い対策に最も効果的なものが、専用クリームを使うことです。
チチガの専用クリームは制汗、殺菌、保湿効果があり、チチガ特有の臭いや味をおさえることができます。

 

専用クリームの効果や口コミをもとにした、おすすめランキングを参考に、自分にあった専用クリームを使用し、改善していきましょう。